▢7/24(土) 21'夏ゼミスタート! >>ゼミの詳細はこちらをクリック              *夏ゼミのお申し込みは7/15(木)までにお願いいたします。

テスト2日前です!

今週火曜・水曜は中3生の地区実力テスト。

4名しか来なかった昨日とは打って変わって、今日はたくさんの子たちが勉強しに来ました。

聞けば、雨で延び延びになっていた中体連、昨日はまだ試合などで来れない子が多かったようです。

3年生の中には、学校の課題を持ってやってきた1年生の姿も数名。

 

私はというと…今日は子どもたちが勉強をしている間、

明日の中3生の授業、そこでの対策プリントを作成しようと・・・

そう思っていたのですが。。

つい先ほどまで、質問をしに来る子・プリントをもらいに来る子、

事務所から出て行ったと思えば、5分と経たないうちにまた次の子が。

今の時間になってようやく少し暇になり、

対策プリントの作業にかかる前に、滞っていたブログを少しでも書いておこうと思った次第です。

 

地区実力テストのテスト範囲は、

ポイントが割と細かく指定してある。

「間違いなくこういう問題が出る!」

ハッキリ分かる部分もたくさんあります。

なるべく点数に繋がるようなプリントを完成させねばなりません。

そこは毎年のテストの出題傾向、私も今までの経験を全開で頭を捻ります。

 

「対策プリントでやった問題がたくさん出ました!」

それとも、「全然出ませんでした!」

いずれの結果になるかは、実はとても重要なところなのです。

“対策プリント”の中から多くが出題されれば、

これからの授業で解説をするときの、子どもたちの集中力に繋がる。

逆にまったく見当違いな”対策プリント”になってしまえば、

「ここはテストで必ず出るよ!」

そういくら強く訴えても、説得力は半減です。

ましてや1ヶ月後には夏の講習が始まる。

対策プリントの出来如何によって、

「夏ゼミに大きく弾みをつけることができるかもしれない」

そうなれば絶対にポイントを外す訳にはいきません。

 

半日勉強し、「疲れた~。」と言って帰っていく子どもたち。

そして塾を出る間際に、私が対策プリントを作っている様子をじーっと見ながら、

「先生も大変ですね~。」

何気ない一言。

「仕事だからね(笑)」

その子たちの言葉に、私の元気も少し回復。

目指すは『究極の対策プリント』

これからまた作業再開です!

 

タイトルとURLをコピーしました