▢本年度の中3生の受け付けは終了いたしました。

問題を捨てる?!

これは先日、ある授業で子どもたちにした話。

大学受験を控えた私の弟の、受験勉強でのエピソードです。

 

弟が高3になったある日のこと。

母が弟の部屋に入っていくと、

机の上には大学受験用の赤本が置いてあり。。

違和感を感じた母がそれを開いてみると、

ページを何枚も引きちぎった跡が…。

そしてゴミ箱にはちぎった紙の山。

丸めて捨ててあったページには、

その中の問題を解いた形跡もあり。

 

「受験ノイローゼ」という言葉がよぎった母は、

帰宅した弟にその状況について問いただしたそうです。

すると弟は涼しい顔で、

「ああ、それもう解き終わったから。。」と一言。

よく見てみると、クシャクシャになって捨てられているページの問題は、

すべて正答したものばかり…。

 

他県の大学に在学中だった私は、

弟の大学受験の様子を知りません。

ですから全てあとで聞いた話なのですが。

 

その話を本人に聞いてみたら、

『正答した問題』=『自分には必要ない問題』

“要らない問題は捨てる”

当然のようにそう答える弟の返答を、

妙に納得して聞いた次第でした。

もっとも自分なら、たとえ正答した問題でも、

「後で必要になるかも…。」

そう考えて、絶対に破り捨てるようなことはしませんが(笑)

弟の性格ならその行動も納得です。

 

その頃、西高(理)に在学していた弟も、

立派に大学(九大)に合格を果たし、

今では福岡で内科医として忙しい日々を送っています。

「ページを破りとる」という彼の行動が、

本当に正しかったのかどうは分かりませんが。

“要らない問題は捨てる”という行動は、

「すべて頭に残してある」という自信の表れだったのかもしれません。

それを結果が証明しています。

 

「正答した問題」=「自分には不要な問題」

「間違えた問題」=「自分に必要な問題」

このことは子どもたちにもよく話をします。

黒マジックを持たせて、正答した問題を全部塗り潰させることも。。

「本当に塗り潰していいの?」

そのときの子どもたちの驚いた顔はいつも同じです(笑)

そしてこれからも…

この話を子どもたちにするたびに、

弟の顔が頭の中を過ることでしょう。。

 

タイトルとURLをコピーしました